読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターミナルからプライベートIPアドレスとMACアドレス、ルーティングテーブルを確認する

自分のlaptopのプライベートIPアドレスがどのように割り当てられているか、調べる。

ターミナルから$ ifconfig をうつ。複数のインターフェースが表示される。

f:id:bambinya:20150404134834p:plain

上記は「lo0」「gif0」「stf0」「en0」が表示されている。

他にも「en1」「en2」「p2p0」「awdl0」「bridge0」「utun0」が表示された。

 

各インターフェースの名前と役割

lo0(loopback)

ネットワークのテストに使えるよう用意された仮想インターフェース、NICがなくても、このloは表示される。inetの127.0.0.1IPアドレスとして自動で割り当てられる。

 

gif0(generic tunnel interface)

IPv6/IPv4トンネリングを行うときに使うインターフェース。IPv6/IPv4トンネリングとは、IPv4(またはIPv6)をサポートするネットワークに、IPv6(またはIPv4)のパケットをルーティング(送受信)する仕組み。例として、IPv4のみサポートしているネットワークにIPv6のパケットをルーティングする場合は、IPv6のパケットにIPv4パケットのヘッダを付加(カプセル化)して、IPv4のネットワークにパケットを送信することができる。2つのルーター間でトンネリングの設定を行う場合、このインターフェースに、自分と相手のIPv4アドレスと、それに対するIPv6アドレスを設定しておく。

規格の詳細(gif(4) - NetBSD Manual Pages)

 

stf0(6to4 tunnel interface)

gifIPv6パケットをIPv4パケットにカプセル化でき、その逆も可能であるのに対し、これはIPv6パケットをIPv4ネットワークにルーティングするためのインターフェース。

規格の詳細(stf(4) - NetBSD Manual Pages)

 

en0(Ethernet 0)

enの後に続く「0」「1」の番号は認識した順に割り振られる。イーサネットはLAN規格を指すので、自分のlaptopのIPアドレスMACアドレスはこのインターフェースに書かれている。上記のスクリーンショットでは

MACアドレスは「ether 80:e6:50:11:a5:6c」

IPアドレスは「inet 192.168.0.2」

であることがわかる。ブロードキャストアドレス(LAN内すべての端末に電気信号を送るアドレス)は「broadcast 192.168.0.255」。

 

ネットワークユーティリティからも各インターフェースの情報が見られる。

f:id:bambinya:20150404233255p:plain

 

MACアドレスのベンダーIDを調べる 

MACアドレスのベンダーID「80:e6:50」を IEEE-SA - Registration Authority MA-L Public Listing で検索する。コロンはダッシュに変換する。

f:id:bambinya:20150404232125p:plain

検索結果、端末のベンダーが表示される。

f:id:bambinya:20150404232230p:plain

 

IPアドレスの種類 

グローバルIPアドレス:インターネット上で使えるアドレス。

プライベートIPアドレス:LAN内で使えるアドレス。

  • 10.0.0.0 - 10.255.255.255 (Aクラスの最初の方)
  • 172.16.0.0 - 172.31.255.255 (Bクラスの最後の方)
  • 192.168.0.0 - 192.168.255.255 (Cクラスの最初の方)

ネットワークアドレス:ネットワーク全体を表すアドレス。

ブロードキャストアドレス:LAN内の端末に電気信号を送るためのアドレス。

ループバックアドレス:自分自身を表すアドレス。ローカルホスト。127.0.0.1

 

ルーティングテーブルを見る

ターミナルからルーティングテーブルを見るためには、$ netstat -rn を打つ。-rはルーティングテーブルの表示。-nはIPアドレスを数字で表示する。

f:id:bambinya:20150405205043p:plain