読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

emacs key bindingメモ

キーバインドのデフォルトで

C-h がHELPの設定になっていたので、 ~/.emacs.d/init.el ファイルに下記マクロを追加。シンタックスemacs lisp.

(keyboard-translate ?\C-h ?\C-?)

Function: keyboard-translate from to
この関数は、文字コードfromを文字コードtoに変換するように keyboard-translate-tableを変更する。 必要ならばキーボード変換表を作成する。

*1

 

画面操作(ファイル開閉、emacsプロセスの開閉、画面分割と移動、画面削除、ミニバッファから離れる)

  • C-x C-c KILL TASK
  • C-z SUSPEND TASK (fg → foreground)
  • C-x C-f OPEN FILE
  • C-x C-s SAVE FILE
  • C-x 2 split-window-below
  • C-x 3 split-window-right
  • C-x o SELECT ANOTHER WINDOW
  • C-x 0 DELETE SELECTED WINDOW
  • C-] KILL MINIBUFFER

エディタの移動(上下左右の移動)

  • C-p UP
  • C-n DOWN
  • C-b BACK
  • C-f FORWARD
  • C-a GO TO BEGINNING OF LINE
  • C-e GO TO END OF LINE
  • C-o OPEN LINE
  • M-v PAGEUP
  • C-v PAGEDOWN
  • M->(Shift + .) Move to the END of the buffer
  • M-<(Shift + ,) Move to the TOP of the buffer

エディタの操作(文字の削除、行の削除、選択範囲の削除、やり直し)

  • C-h BACKSPACE
  • C-d KILL FORWARD CHARACTER
  • C-k KILL LINE
  • C-w KILL THE REGION(バッファに保存される)
  • C-_ UNDO

 

コピペしたいときのステップ

  1. C+space key(Mark Set)
  2. M+w(copy)
  3. C+y(paste)

 

検索

  • C-r SEARCH

 

置換

  1. M+%(Shift+5)
  2. 置換したいテキスト入力、RET
  3. 新しいテキスト入力、RET
  4. !  (to replace all remaining occurrences without asking again.)

GNU Emacs Manual: Query Replace

 

一括インデント

  1. C+space keyで範囲選択
  2. CM+\

 

一括コメントアウト

  1. C+space keyで範囲選択
  2. M+;

 

操作の解除

  • C+g 実行中の全ての操作をキャンセル

おわり